ページの本文へ

Hitachi

企業情報ニュースリリース

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

2017年4月11日

顧客協創を推進するグローバル研究チーム「Insights Laboratory」を発足し、
IoTプラットフォーム「Lumada」のソリューション開発を加速

  株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、日立のIoTプラットフォーム「Lumada」の革新的ソリューションの開発を加速するため、グローバルな研究チーム「Insights Laboratory」を発足しました。Insights Laboratoryは、データアナリティクスや人工知能(AI)、顧客協創方法論NEXPERIENCE*1を活用しながら、アイデアの創出からシステム設計、コンセプトや価値の実証など、顧客協創のあらゆるフェーズに参画することで、お客さまのビジネス創出や社会課題の解決に貢献していきます。

  Insights Laboratoryのメンバーは、世界の主要地域に拠点をもつ社会イノベーション協創センタ(CSI)在籍の研究者やデザイナーに加え、Hitachi AI Technology /Hや音声・画像認識、自然言語処理などの研究を行っているテクノロジーイノベーションセンタ在籍の研究者で構成されており、日立アメリカ社 研究開発部門Senior Vice President兼Senior Fellow:Umeshwar Dayal氏がリーダーとなり、シリコンバレーを拠点にチームを牽引していきます。今後、Hitachi Insight Group*2と連携しながら、お客さまおよびパートナーとの協創を推進します。
  東京・赤坂を拠点とするCSI東京は、各ビジネスユニットと連携して、グローバルな知見を取り込みながら日本での顧客協創を引き続きリードしていきます。

日立アメリカ社 CTO兼CSI北米General Manager:George Saikalis氏のコメント

  Insights Laboratoryには、さまざまな専門分野の研究者、デザイナー、データサイエンティスト、ソリューションアーキテクトが集結しており、彼らが直接お客さまと協創を行います。また、Umeshwar Dayal氏をリーダーとして、シリコンバレーに拠点を置くことにより、グローバルな研究機関やパートナーと最先端の研究を行うことができます。顧客協創方法論NEXPERIENCEのもと、お客さまとともにビジョンの共有からソリューションコンセプトの創出、プロトタイプの開発や価値の実証を行うことで、日立の研究成果を示すだけでなく、お客さまの真のニーズを満たすソリューションをグローバルに提供していきます。

日立 執行役専務 サービス&プラットフォームビジネスユニットCEO兼
Hitachi Insight Group CEO:小島啓二氏のコメント

  Insights Laboratoryには、お客さまやパートナーの真の課題を解決し、より良いビジネスや社会的成果の創出を支援することができる、最適な人財が世界中から集結しています。Insights Laboratoryの発足によって、IoTプラットフォーム「Lumada」の革新的ソリューションの開発に向けた、新しく、より密な協創ができることを嬉しく思います。

*1
2015/10/15 リリース:「社会イノベーション事業の加速に向けて、お客さまの課題をともに検討する顧客協創方法論「NEXPERIENCE」を構築
*2
2016/5/10 リリース:「IoT事業のグローバル展開を加速するHitachi Insight Groupが始動

お問い合わせ先

株式会社日立製作所 研究開発グループ 技術統括センタ 研究管理部[担当:角田、中村]
〒185-8601 東京都国分寺市東恋ヶ窪一丁目280番地
電話 : 042-323-1111(代表)

以上

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。
ウノトニャサニヘユセノォエネォテ箙ム