ページの本文へ

Hitachi

企業情報ニュースリリース

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

2020年4月1日
株式会社日立製作所
執行役社長兼CEO 東原 敏昭

「日立でキャリアをスタートする皆さんへ」

日立グループ2020年度新入社員向け 社長メッセージ

  日立グループを代表し、皆さんを心から歓迎します。

  まず、世界的に感染が拡大している新型コロナウイルスに罹患された皆さまとご家族および関係者の皆さまにお見舞い申し上げると同時に、亡くなられた多くの方に心よりお悔やみを申し上げます。また、感染拡大防止にご尽力されている皆さまに深く感謝申し上げます。
  日立グループでは、「グループ、グローバルに働く従業員および家族の安全・健康を第一に考える」ことを基本方針として、私が先頭に立って対応にあたっています。会社生活がどうなってしまうのか、今日を迎えるまで不安を感じていた方も多いと思いますが、まずこの基本方針をよく理解して安全・健康を第一に行動して下さい。
  そして、日立グループは一丸となってこの危機を乗り越えていきますので、皆さんもぜひご協力をお願いします。

  それでは、日立グループの一員として第一歩を踏み出す皆さんに、3つお話します。

日立の企業理念、創業の精神

  まず初めに、日立グループの成り立ちや、そこから生まれたグループ共通の理念についてお話します。日立グループは、今から110年前、小平浪平創業社長と、彼の志に共感した数名の若い技術者たちによる、ベンチャー企業として始まりました。彼らは、「優れた自主技術・製品の開発を通じて、社会に貢献する」という熱い想いのもと、試行錯誤を繰り返し、誠意をもってお客さまと対話し、新しい事業分野へ挑み続けました。
  このような取り組みや考え方は、日立グループの全社員に、現在も受け継がれています。仲間とオープンな議論を尽くし、結論が出たら一致団結し実行する「和」の心、お客様から信頼を得るための「誠」の姿勢、そして何事にも臆せず果敢に挑戦する「開拓者精神」、以上3つの言葉で示される「日立創業の精神」を、皆さんにもぜひ実践して頂きたいと思います。

私たちがめざす姿

  次に、私たち日立グループがめざす姿についてお話します。現在、世界には、都市化・少子高齢化・気候変動など、たくさんの社会課題が存在しています。また、デジタル技術の急激な進歩により、あらゆるモノやコトがつながり、ビジネスや産業構造、そして人々の暮らしが大きく変化しています。

  このような状況の中、私たち日立グループは、デジタル技術を用いて高度な社会インフラをグローバルに提供し、人々のより良い暮らしを実現する「社会イノベーション事業」で、これらの社会課題解決に貢献していきたいと考えています。そして、社会イノベーション事業のグローバルリーダーとなり、社会価値・環境価値・経済価値を同時に向上させ、お客さまの企業価値や人々のQoL (Quality of Life)向上に貢献していく企業へと変革していきます。
  私たち日立グループの強みは、OT (Operational Technology)、IT、プロダクトを有していることです。この強みを最大限に生かし、お客さまとともに新たな価値を生み出すためには、日立グループが地域・担当部門を超えて一体となって同じ目標に向かって取り組む「One Hitachi」の考えが欠かせません。自らの事業範囲にとどまらず、日立グループ各社が、それぞれの分野で蓄積してきた技術や知見を、「One Hitachi」のもと、結集させることが必要不可欠です。ぜひ皆さんには、常に、日立グループの強みを生かしながら、グローバルリーダーになる姿をイメージしてほしいと思います。社会イノベーション事業を通じ、グローバル市場を生き抜き、中長期的な成長を図る時に、最も重要なことは「これだけは絶対に負けない」というグローバルリーダーとしての製品・技術・サービスを持つことです。またそれだけではなく、私たち自身の業務プロセスや働き方、仕事に対する姿勢でもリーダーになることで、日立グループがイノベーションの連鎖を生み出す企業になれると信じています。皆さんも、ご自身が所属する組織で力を発揮し、ぜひ、その一翼を担っていただきたいと思います。

一人ひとりに求められること

  最後に、皆さん一人ひとりに求められることについて、お話したいと思います。先ほど申し上げた通り、私たちを取り巻く環境はグローバルに日々変化し、そこで生じるさまざまな課題も、常に変化を続けています。めまぐるしい環境変化にきちんと対応し、お客さまから信頼される企業であり続けるためには、組織として最大限の力を発揮することが大切です。そのために、社員一人ひとりが、さまざまな課題を"自分ごと"として捉え、自ら判断し行動する"参加型"の意識を持つことが重要です。
  私から皆さんにお願いしたいことは、まずいち早く、会社の戦力として成長していただくことです。そのためには、皆さん一人ひとりが「明確な目標」を持つことが必要だと考えます。1年後、3年後、あるいは10年後、自分がどのような人財になりたいか。そのために今、何をしなければならないかを、皆さん自身で考え、実行して下さい。そして、定期的に振り返り、自分の成長したところ、まだ足りないところをしっかりと見極め、そのギャップを埋めることを成長していくための原動力にする、そういった姿勢を常に持ち続けていただきたいと思います。
  皆さん一人ひとりが、世界に通用するプロフェッショナル人財へと成長し、それぞれのステージでグローバルリーダーになることを強く意識して、世界で活躍されることを期待しています。

最後に

  日立グループには、皆さんが思い切りチャレンジできる幅広いフィールドがあります。高い志を持って、おおいに挑戦してください。技術を通じて社会に貢献する日立グループであるために、また世界中のお客さまから信頼され、選ばれる「グローバルリーダー」となるために、すべての力を一つにして、挑戦していきましょう。

以上

Adobe Acrobat Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Acrobat Readerが必要です。
ウノトニャサニヘユセノォエネォテ箙ム