ページの本文へ

Hitachi

公共ITソリューション

[イメージ]地域デジタル化ソリューション

「官民データ活用推進基本法」の施行や政府の推進する「地域IoT実装推進ロードマップ」、そして国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」とも深くかかわる 「Society 5.0」、地方創生に向けた自治体SDGsなど、自治体に求められるデジタル化のニーズは加速しています。
日立はさまざまなデータの活用を実現・支援するソリューションにより、社会が直面する環境や少子高齢化などの地域課題を解決するとともに効率的な行政運営の促進を支援します。

[イメージ]社会的背景と各分野において地域が抱える課題

日立の地域デジタル化ソリューション

地域IoT連携クラウドサービス

「地域IoT連携クラウドサービス」は、「自治体情報システム強靭性向上モデル」に配慮しながら、自治体のLGWAN接続系から各種クラウドサービスの利用や、センサーやドローンなどの制御機器(OT)(*1)との連携を可能にするサービスです。
庁内外のさまざまなデータを連携させることで、自治体のデータ利活用、EBPM(*2)の推進をサポートします。

*1
OT:Operational Technology
*2
EBPM:Evidence Based Policy Making

[イメージ]サービス概要図

環境情報管理SaaSサービス「EcoAssist-Enterprise-Light」

日立は電力使用量のデータに着目し、エネルギーデータの見える化・分析による効果的な省エネ施策を提供してきました。環境情報を一元管理し、自治体の環境マネジメントも支援します。

[イメージ]環境情報管理SaaSサービス「EcoAssist-Enterprise-Light」イメージ
環境情報管理SaaSサービス「EcoAssist-Enterprise-Light」イメージ

地域包括ケアシステムICTソリューション

高齢者が可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるように地域全体でサポートを行う「地域包括ケアシステム」の構築が、厚生労働省の支援のもと、全国の自治体で推進されています。日立は、地域包括ケアシステム実現に向け、自治体主体のICT支援を実現します。

[イメージ]地域包括ケアシステムICTソリューションイメージ
地域包括ケアシステムICTソリューションイメージ

交通データ利活用サービス

車両のプローブ情報やバスの乗降にかかわるデータを集約して、交通量や輸送需要などの分析・可視化を行います。これにより渋滞対策の立案や運行計画の最適化、サービス向上を支援します。

[イメージ]交通データ利活用サービスイメージ
交通データ利活用サービスイメージ

AIを活用した督促業務効率化

人工知能を活用して督促業務の効率化を支援します。
業務に関連するさまざまなデータを人工知能で分析することで、人手では解析が困難なビッグデータに内在する法則性を導出し、得られた示唆から業務改善施策を立案します。

[イメージ]AIを活用した督促業務効率化
AIを活用した督促業務効率化

地域デジタル化ソリューションに関するお問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ

製品の詳細・見積などお気軽にお問い合わせください。

製品へのお問い合わせ
製品の詳細・見積などお気軽にお問い合わせください。

ウノトニャサニヘユセノォエネォテ箙ム