ページの本文へ

Hitachi

企業情報サステナビリティ

「2021中期経営計画」とサステナビリティ

創業以来、日立は「優れた自主技術・製品の開発を通じて社会に貢献する」という企業理念を一貫して事業の中心に置き、社会が直面する課題に応えるとともに、人々のQuality of Lifeの向上と持続可能な社会の実現に貢献すべく、社会イノベーション事業を推進してきました。サステナビリティを事業戦略の中核に組み入れた「サステナブル経営」を実践する日立は、2019年5月に発表した2021年度を最終年度とする「2021中期経営計画」において、社会イノベーション事業のグローバルリーダーとして持続可能な世界を実現することを目標に掲げました。「社会価値」「環境価値」「経済価値」という3つの価値を同時に向上させ、人々のQuality of Lifeの向上、顧客企業の価値の向上を図ります。
日立は、「2021中期経営計画」で新たなステージへ踏み出し、社会・環境・経済の3つの価値を同時に向上させることができる分野として「モビリティ」「ライフ」「インダストリー」「エネルギー」「IT」の5つの事業領域を定めました。これらの3つの価値を向上させるため、日立はサイバーフィジカルシステムとしてデジタルイノベーションを加速するソリューションLumadaを提供し、デジタルとリアルの空間を連携させ、世界中のパートナーとの協創のもと社会イノベーション事業を拡大していきます。
日立は、こうした考えのもと「2021中期経営計画」に取り組み、サステナビリティと事業の融合をさらに進めていくことで、Society 5.0やSDGsに示された社会課題の解決に貢献していきます。

5つのソリューションによる3つの価値向上

5つのプロダクトを基盤に、LUMADAを活用して、モビリティソリューション、ライフソリューション、インダストリーソリューション、エネルギーソリューション、ITソリューションを提供することで、社会価値の向上、環境価値の向上、経済価値の向上とともに、人々のQuality of Lifeの向上・顧客企業の価値の向上をめざします。

サステナビリティ戦略推進体制

日立製作所は、2017年から日立のサステナビリティ戦略を経営・事業責任レベルで議論・決定することを目的とした「サステナビリティ戦略会議」を発足させました。この会議は、執行役社長兼CEO東原敏昭をはじめとする、経営会議のメンバーに加え、各ビジネスユニット(BU)のCEOをメンバーとしています。
さらに、同会議のもと、各BUのサステナビリティ戦略推進担当者からなる「サステナビリティ推進委員会」を設置し、企業が社会に与える影響に責任をもち、ステークホルダーからの要請に応えるという、従来のCSRに加え、事業活動の中でESG(環境・社会・ガバナンス)を重視し長期的な企業戦略を策定して持続可能な社会の実現をめざしていくために、SDGsの目標達成への貢献も含めたサステナビリティに関して具体的に施策を推進する体制も強化しました。
CSR施策の検討・審議については、本社のコーポレート関連部門をメンバーとする「CSRコーポレート会議」やBUやグループ会社のCSR・社会貢献担当者をメンバーとする「CSR責任者会議」を定期的に開催しています。また日本国外の地域統括会社のCSR担当者とは、グローバルCSRミーティングや海外地域別CSR連絡会を定期的に開催して、方向性を共有し、互いにフィードバックをしながらサステナビリティを推進しています。
環境長期目標達成の具体的施策の審議・実行については、上述のサステナビリティ推進委員会と各BUやグループ会社の環境推進担当者をメンバーとする「エコマネジメント委員会」で連携して推進しています。日本国外の地域統括会社の環境施策担当者とは、グローバル環境ミーティングや海外地域別環境連絡会を定期的に開催して方向性を共有しながら環境施策を推進しています。
また、日立全体のCSRマネジメント・活動において司令塔の役割を担ってきた日立製作所CSR・環境戦略本部は、経営や事業におけるサステナビリティの広がりや重要性の増大に伴い、2018年4月にサステナビリティ推進本部へと体制を強化しました。
サステナビリティ推進本部は、日本国外の地域統括会社とも協力し、地域ごとにステークホルダーとのダイアログを定期的に実施しています。これらのダイアログを通じて、世界の社会課題をより早く広く深く把握し、経営課題として取り入れるとともに、日立がグローバル社会の中で社会的責任を果たせているかを確認し、継続的な改善を通じて、サステナブルな経営と社会の実現に努めています。

サステナビリティ戦略推進体制

サステナビリティ戦略会議 議長:執行役社長兼CEO メンバー:経営会議メンバー、ビジネスユニットのCEO、本社部門長 内容:経営・事業責任レベルでサステナビリティ戦略を議論・決定  グローバルCSRミーティング メンバー:地域統括会社、日立製作所海外事務所のCSR担当責任者 内容:本社サステナビリティ戦略と活動報告・審議、海外地域統括会社のCSR活動 報告・審議  グローバル環境ミーティング メンバー:地域統括会社、日立製作所海外事務所の環境担当責任者 内容:本社環境戦略と活動報告・審議、海外地域統括会社の環境活動報告・審議  サステナビリティ推進委員会 メンバー:BU・主要グループ会社の事業推進部門長クラス 内容:サステナビリティ戦略の具体的施策の審議・実行  CSRコーポレート会議 メンバー:経営企画、人財、法務、調達、品質他コーポレート部門の部長クラス 内容:コーポレート部門CSR議論  CSR責任者会議 メンバー:BU、グループ会社のCSR担当責任者 内容:サステナビリティ戦略と活動報告・議論、BU、グループ会社のサステナビリティ活動紹介  海外地域別CSR連絡会 メンバー:海外グループ会社のCSR担当者 内容:サステナビリティ戦略と活動報告、地域のCSR施策議論・情報共有  エコマネジメント委員会 メンバー:BU・主要グループ会社の環境推進部門長クラス 内容:サステナビリティ戦略における、環境長期目標達成の具体的施策の審議・実行  環境責任者連絡会 メンバー:BU、グループ会社の環境戦略責任者 内容:環境方針の徹底と環境情報・活動の展開  海外地域別環境連絡会 メンバー:海外サイトの環境業務従事者 内容:環境方針および施策の展開、各地域の環境規制情報共有、相互情報共有
画像を拡大する (新規ウィンドウを表示)

サステナビリティ戦略会議の開催

2018年度は、6月と12月にサステナビリティ戦略会議を開催しました。6月の会議では、気候変動への日立の対応や2021年に向けた中期経営計画へのサステナビリティ戦略の統合について審議しました。具体的には、各BU・主要グループ会社の主要な事業とSDGsのかかわりについて、事業機会と事業リスク、さらにリスクへの対応までを明らかにするとともに、気候変動に対する社会からの要請に日立はどう向き合い対応すべきかを議論しました。また、「2021中期経営計画」に組み込むべきESGやSDGsといったサステナビリティ視点についても審議しました。12月の会議では、気候変動対策について、環境長期目標(CO2削減)達成のための具体的施策として、脱炭素ビジネスの拡大や日立インターナルカーボンプライシング (HICP) 制度の導入について審議したほか、経営基盤となる人権、グリーン調達、人財育成などのコーポレート施策、サステナビリティに関するステークホルダーエンゲージメントや具体的な情報開示などについても審議しました。

サステナビリティレポート ダウンロード

ウノトニャサニヘユセノォエネォテ箙ム