ページの本文へ

Hitachi

企業情報サステナビリティ

  1. サイトトップ
  2. SDGsへの貢献

SDGsと社会イノベーション事業

SDGsはグローバルな社会・環境課題を解決することで持続可能な社会を実現し、人々のQuality of Lifeの向上をめざすものです。日立がこれまで推進してきた社会イノベーション事業は、まさにSDGsの達成に貢献するものであり、日立の持続的成長の源泉であると考えています。
このため、日立は社会イノベーション事業における革新的なソリューションや製品の提供を通じて、新たな社会・環境・経済価値を創出することを経営戦略に据えるとともに、日立の事業が社会・環境にもたらすネガティブインパクトを低減し、社会・環境の変化による事業へのリスクを把握し、それに対する強靭性の向上に努めます。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS 世界を変えるための17の目標 1 貧困をなくそう 2 飢餓をゼロに 3 すべての人に健康と福祉を 4 質の高い教育をみんなに 5 ジェンダー平等を実現しよう 6 安全な水とトイレをみんなに 7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに 8 働きがいも経済成長も 9 産業と技術革新の基盤をつくろう 10 人や国の不平等をなくそう 11 住み続けられるまちづくりを 12 つくる責任つかう責任 13 気候変動に具体的な対策を 14 海の豊かさを守ろう 15 陸の豊かさも守ろう 16 平和と公正をすべての人に 17 パートナーシップで目標を達成しよう SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS 2030年に向けて世界が合意した「持続可能な開発目標」です

日立が貢献するSDGsの特定

2017年度、執行役社長兼CEO 東原敏昭を議長とする「サステナビリティ戦略会議」において、SDGsの17目標とそれぞれにかかわる事業が及ぼすリスクと機会について検討し、日立がSDGsの達成に特に貢献できる目標として11目標を特定しました。
そのうち、日立の主要な事業戦略を通じてSDGsの達成に大きく貢献できる目標として5つを、企業活動全体を通じて貢献すべき目標として6つの目標を特定しました。後者の企業活動全体で貢献すべき6つの目標は日立のすべての事業・経営戦略に関係しており、企業としてのサステナビリティに影響を与えるものであると考えます。
しかしながら、多岐にわたる事業分野をもつ日立は、上記に特定した11の目標以外にも、SDGsの達成に幅広く貢献できると考えています。また、日立はSDGsのそれぞれの目標は相互にかかわっていると理解しており、SDGsの17の目標すべての達成に向けて、直接的、間接的に貢献していきます。

日立は責任ある企業活動と社会イノベーション事業を通じて、
社会が直面する課題に率先して応え、SDGsの達成に貢献します。

日立はSDGs (Sustainable Development Goals 2030年に向けて世界が合意した「持続可能な開発目標」)のすべての目標の達成に対して直接的もしくは間接的に貢献します。

「2021中期経営計画」とサステナビリティ

創業以来、日立は「優れた自主技術・製品の開発を通じて社会に貢献する」という企業理念を一貫して事業の中心に置き、社会が直面する課題に応えるとともに、人々のQuality of Lifeの向上と持続可能な社会の実現に貢献すべく、社会イノベーション事業を推進してきました。サステナビリティを事業戦略の中核に組み入れた「サステナブル経営」を実践する日立は、2019年5月に発表した2021年度を最終年度とする「2021中期経営計画」において、社会イノベーション事業のグローバルリーダーとして持続可能な世界を実現することを目標に掲げました。「社会価値」「環境価値」「経済価値」という3つの価値を同時に向上させ、人々のQuality of Lifeの向上、顧客企業の価値の向上を図ります。
日立は、「2021中期経営計画」で新たなステージへ踏み出し、社会・環境・経済の3つの価値を同時に向上させることができる分野として「モビリティ」「ライフ」「インダストリー」「エネルギー」「IT」の5つの事業領域を定めました。これらの3つの価値を向上させるため、日立はサイバーフィジカルシステムとしてデジタルイノベーションを加速するソリューションLumadaを提供し、デジタルとリアルの空間を連携させ、世界中のパートナーとの協創のもと社会イノベーション事業を拡大していきます。
日立は、こうした考えのもと「2021中期経営計画」に取り組み、サステナビリティと事業の融合をさらに進めていくことで、Society 5.0やSDGsに示された社会課題の解決に貢献していきます。

5つのソリューションによる3つの価値向上

5つのプロダクトを基盤に、LUMADAを活用して、モビリティソリューション、ライフソリューション、インダストリーソリューション、エネルギーソリューション、ITソリューションを提供することで、社会価値の向上、環境価値の向上、経済価値の向上とともに、人々のQoLの向上・顧客企業の価値の向上をめざします。

LUMADA

LUMADA (ルマーダ) とは?
お客様のデータから価値を創出し、デジタルイノベーションを加速するための、日立の先進的なデジタル技術を活用したソリューション/サービス/テクノロジーです。

SDGs達成へのロードマップ

SDGsが示す持続可能な社会の実現は、日立の持続的成長にもつながります。日立は直接的なお客様である企業や消費者だけでなく、広くその先にある社会に対しても価値を提供していると考えています。それが、社会イノベーション事業の本質であり、日立が提供する製品もサービスもすべて社会のサステナビリティと密接にかかわっています。日立は、SDGs達成への取り組みを通じて、グローバルでBusiness to Society 企業としての地位を確立していきます。
日立は2017年度からSDGs達成に向けた戦略的取り組みを本格的に開始しました。フェーズ1では、日立グループ内でのサステナビリティおよびSDGsに対する理解を深めるための取り組みとして、水、エネルギー、ヘルスケア、鉄道の4BUを対象にワークショップを開催しました。また、サステナビリティ・ニュースレターを発行し、SDGsへの取り組みに対する理解・浸透を図ってきました。フェーズ2では、サステナビリティ推進本部が各BU・主要グループ会社の事業企画部門と連携し、「事業機会」「リスク」の両面から、主要事業のSDGs達成への貢献内容やSDGsによって創出される事業機会を整理する取り組みを実施しました。
2018年度以降は、フェーズ3として、SDGsを切り口とした社会課題を起点として新たな事業の可能性を追求する取り組みを始めています。具体的には、各BU・主要グループ会社において、今後の社会イノベーション事業とSDGsのかかわりを整理し、各事業が生み出す社会価値・環境価値をできるだけ定量化するなど、価値向上の見える化に努めました。
2019年度は、「2021中期経営計画」で掲げた目標の中でもSDGsとかかわりの深い社会価値・環境価値の創出をお客様や社会により具体的に訴求できるよう、事業による社会・環境インパクトを評価する仕組みづくりの検討を始めました。今後は、「2021中期経営計画」で示された主要事業を例に、インパクト評価の手法を開発し、日立全体で活用できる社会価値・環境価値のインパクト評価の仕組みを確立していきます。
この評価手法を使いながら、日立の事業がもたらす正と負の社会・環境インパクトを把握し、よりサステナブルな事業をお客様に提案することを通じて、「2021中期経営計画」で示した3つの価値を具現化していきます。

2017年度Phase1は、サステナビリティ・SDGsの理解のため、経営者サステナビリティメッセージ、シンポジウム、ワークショップ、ニュースレターなどで理解を深めました。2017年度Phase2は、主要事業とSDGsのかかわりを整理し、主に各BU・主要グループ会社の事業企画部門と連携し「事業機会」「リスク」の両面でかかわりを整理しました。2018年度Phase3は、経営戦略へのサステナビリティ視点の反映のため、「持続可能な社会」の実現が「日立の持続的成長」を実現するものであり、SDGs・サステナビリティの実現 (社会課題の解決) に、当社の次のビジネス・成長の源泉があるとの考えを「2021中期経営計画」の事業戦略に反映しました。2019年度からのPhase3は、社会課題起点での新たな事業の可能性追求のため、社会価値・環境価値・経済価値を重視した経営を推進するとともに、「2021中期経営計画」における重点領域5セクターの事業が創出する非財務価値のインパクトを定量評価するための仕組みを検討していきます。Phase1からPhase3まで、各BU・主要グループ会社、コーポレート関連部署、グローバル各拠点 (地域戦略) と連携しながら進めています。

ウノトニャサニヘユセノォエネォテ箙ム